JASIS 2012

新技術セミナーテキスト掲載しました
内容をご覧頂くにはユーザー登録が必要です
登録済みの方はこちらからダウンロードできます

新技術セミナー  ニーズに応える、ゲステルの先端ソリューション

『ゲステル におい分析』 感度・選択性への挑戦!
-最新の試料前処理・導入技術と多次元GC-MS-
9/5(水)
12:15~13:05
会場【N-5】
9/7(金)
15:30~16:20
会場【N-2】
最新の試料前処理・導入技術「FEDHS、MPS-HIT、MFX」、多次元GC-MS技術等を組合せ、“高マトリックス中の微量香気成分”や“水系試料中の極性香気成分”の分析を実現。
『ゲステル におい分析』 香気成分同定の苦労を解消
-Aroma Office 2Dのご紹介-
9/6(木)
15:50~16:15
会場【A-5】
最新の前処理・試料導入・分離技術とリテンションインデックスDatabaseソフトを組み合わせた、香気成分同定のアプローチをご紹介。
『ゲステル MS解析ソフトウェア MassWorks』
組成式推定の苦労を解消
9/5(水)
15:10~15:35
会場【N-1】
9/7(金)
13:10~13:35
会場【N-1】
GC-QMS、LC-QMS、LC-TOFMSの最新データ解析法「精密質量と同位体比補正を用いた組成式推定機能」をご紹介!
『ゲステル GCxGC-MS必勝講座』
TOF-MS編
9/7(金)
11:10~11:35
会場【N-1】
高分離+2次元マップ+精密質量スペクトル+元素情報による最新アプリケーションとデータ解析方法をご紹介。
『ゲステル GCxGC-MS必勝講座』
石油分析編
9/5(水)
11:50~12:15
会場【N-1】
わずか1回の測定で「数千成分の分離」と「タイプ別分析」を実現!石油分析に必須の技術GCxGC-MSをご紹介。

ページトップへ戻る

においかぎ実演
今年もブース内実演デモを実施!
1次元2次元切替GC-MSで最先端のにおい分析を体験してください!

MPS2xl_dhs_odp 実演時間は
11:00~11:15
14:00~14:15
16:00~16:15

の1日3回
(三日間共通)
実演お手伝いいただいた方、アンケートに回答いただいた方には、ゲステルグッズをプレゼント!


概要
サンプル:粉末洗剤
システム:CF100,TDU-ATEX(LVI),1D2D-O/MS
キーワード:遠心分離オプションを使用した固液抽出の自動化

みなさまのお越しをお待ちしております

ページトップへ戻る

展示装置のご案内
におい分析システム

特徴
メソッドのみで1次元2次元を切替
1次元目のモニター TIC
1st,2nd カラムの独立した温度制御
GC-O, 選択型検出器等とのMS同時検出
アプリケーション分野
香料、食品
環境(DHSと組合せてカビ臭、VOCを1つのシステム)
MPS2xl_dhs_odp
hot < 新技術セミナー>
9月5日(水) 12:15~13:05 『ゲステルにおい分析』 感度・選択性への挑戦
9月7日(金) 15:30~16:20 『ゲステルにおい分析』 感度・選択性への挑戦

GERSTEL TDU / 加熱脱着ユニット 多彩な試料導入
Twister,DHS,ALEX 吸着剤を用いた加熱導入
直接試料加熱導入
GERSTEL DHS / ダイナミックヘッドスペース DHS (ダイナミックヘッドスペース)
加温されたショートパス
高感度 MPS2-xtによる自動化
香気成分に最適
ODP3 / におい嗅ぎシステム におい嗅ぎとMSの同時検出を実現する、におい分析必須のアイテムです。ODP3では数々の改良が施されました。
・トランスファーライン先端へのヒーター追加
・高沸点成分の保持時間の一致と精度の向上
・高沸点成分のキャリーオーバーの低減
・加湿ガスの加熱
・ノーズコーンの改良
Single PFC / 1検体用キャピラリーGC分取システム 吸着剤を用いた1検体のみのPFCを実現。
キャピラリーGC分取をより簡単に行うことができます。
TDUに再導入しスプリットレス分析を行う事で、未知試料の定性に役立ちます。

ページトップへ戻る

新製品

hotMPS HIT (Hot Injection Trapping)
ヘッドスペース又はSPMEで濃縮した試料を加熱されたTDUに複数回注入し、CIS4に濃縮。
高感度化と、高沸点成分の回収率が向上します。
MPS HIT MPSHIT
MFX / SPME Multi Fiber EXchanger SPMEファイバーの自動交換3種類まで可能。
シーケンス中の定期的なファイバー交換は、分析の精度管理、メソッド開発に貢献します。
CF100 / 自動遠心分離装置 2 mL, 10 mLサイズのバイアルを使用したVortexによる撹拌と遠心分離の自動化を実現。
遠心分離後は抽出液をGC-MS,TDU,DHS等に注入し自動分析を行うことができます。
プレップステーション MPS2-xtをベンチトップタイプとして使用することで、前処理の自動化のみを行うことが可能。
デュアルレールタイプ(左写真)、またはデュアルヘッドタイプにすることで、様々な試料サイズ、前処理に対応することが可能。

ページトップへ戻る

GC×GCシステム

ZOEX KT2006 包括的2次元ガスクロマトグラフィー
超高分離・超高感度
グループタイプ別分析
多様な検出器(SCD,MS)が使用可能
最新ループ式ジェットパルスドモジュレータ
GC Image (Agilent GCxGC用解析ソフト)
燃料・環境・食品分析に最適
ZOEX
<新技術セミナー>
9月5日(水) 11:50~12:15 『ゲステル GCxGC-MS 講座』石油分析編
9月7日(金) 11:10~11:35 『ゲステル GCxGC-MS 講座』TOF-MS編

ページトップへ戻る

ソフトウェアソリューション

MassWorks CERNO BIOSCIENCE 社 (CT, USA) が開発した質量スペクトル キャリブレーションソフトウエア; 
一般的なユニット分解能の質量スペクトルを 小数点以下 4 桁の精密質量スペクトルに変換
<新技術セミナー>
9月5日(水) 15:10~15:35
    『ゲステルMS分析ソフトウェアMassWorks』 組成式推定の苦労を解消
9月7日(金) 13:10~13:35
    『ゲステルMS分析ソフトウェアMassWorks』 組成式推定の苦労を解消

Aroma Office2D / MSスペクトル
+1次元2次元RIによる定性確度の向上
約72,000件の香気成分データベース
化合物情報・文献情報の検索
MSスペクトル+RI による定性精度の向上
1次元目カラム、2次元目カラムのRIより、クロスサーチを行うことで検索精度の向上
<新技術セミナー>
9月6日(木)15:50~16:15 『ゲステルにおい分析』香気成分同定の苦労を解消』

上記以外にも多数の装置を出展しております

ページトップへ戻る

ブースNo.8B-605
金陵電機(株)、西川計測(株)と共同出展しています。

map

ページトップへ戻る

アプリケーションタイトル一覧
アプリケーション登録