加熱脱着GC-MS分析における省ヘリウム化を実現!
GERSTEL CGSキャリアガス切替オプション

特徴
  • 加熱脱着装置 TDU2/TD 3.5+には、常時窒素(N2)ガスを使用。
  • カラム出口の圧力制御デバイス等により、N2ガスは系外に排出。
  • CIS からカラム導入時にヘリウム(He)ガスに切替。
  • GC-MS 分析時の Heガストータル流量を 6~7 mL/min まで低減。
  • GC-MS 待機時の Heガストータル流量を <2 mL/min まで低減。
  • 一般的な TD-GC-MS の分析条件では、Heガス消費量を約1/4まで削減。
  • 一般的な TD-GC-MS の連続分析では、ボンベ 1本で約 2年間の使用が期待できます。
He ガス消費量の比較
状態従来仕様CGS仕様削減率
待機20 mL/min< 2 mL/min>90%
加熱脱着50 mL/min< 3 mL/min *>94%
GC-MS分析20 mL/min6~7 mL/min *65~70%
*システム、分析条件に依存

詳しい情報はバーチャルアプリケーションラボをご覧ください。

アプリケーションタイトル一覧
アプリケーション登録